正しいやり方

白髪染め比較ランキング

白髪染めの正しいやり方を紹介しています。

白髪染めTOP > 正しいやり方

白髪染めの正しいやり方

薬局などで販売されている白髪染めは、家庭で一人で使えるように作られています。

それでも、自分では確認しづらい後頭部や髪の内側に塗りムラができてしまったりと、キレイに染まらなかったという経験をしている人も多いことでしょう。

また、白髪染めは染まりやすい部位、染まりにくい部位があるので、正しい手順、順番で染料を塗布していくことで、均一な仕上がりとなります。

このページでは、白髪染めの正しいやり方について紹介していきます。

塗布前の下準備

髪をムラなく染めるためには、下準備が重要です。よほど髪が短くない場合でなければ、事前に髪を分けてブロッキングしましょう。

まずはヘアクリップで髪の毛をトップ・サイド×2・バックの4つにブロッキングします。

ブロッキングを行うことで、各ブロックごとに染料を塗っていくと、塗りムラがなくキレイに染めることができるでしょう。

薬剤は1剤と2剤を混ぜ合わせた時点から反応が始まります。混ぜ始めたら手早く作業を行いましょう。

体温の影響を受けやすい根元部分は染まりやすいので、まずは根元を避け、毛先から塗布し、最後に根元部分まで染料を塗り、コームで整えましょう。

塗布後の手順

白髪染めをしっかりと染めるポイントの1つは、放置時間をしっかりと守ることです。放置時間は厳密には、髪質や量、室温によって変わりますが、およそ15~30分程度が目安となります。

長く放置すればするほど効果があると考える人もいますが、30分を経過すると薬の反応はなくなり、染料の影響による髪へのダメージが心配なので、放置時間は守りましょう。

また、長く放置しすぎると、想定以上に明るくそまってしまったり、根元だけが明るくなったりとムラになる可能性も出てきます。

最後に、シャンプーをしっかりと泡立てて染料が頭皮や髪に残らないようにしっかりと洗い流しましょう。

酸性リンスなど、キューティクルを閉じる作用のある製品を使用すると、髪へのダメージが残らず安心です。

利尻ヘアカラートリートメント

白髪用利尻ヘアカラートリートメント"サスティ公式"通販サイトはコチラ。
sastty.com

レフィーネ

モデルも愛用の体に優しい白髪染め! 価格と品質で選ぶなら【レフィーネ】
8341.jp

ピュアハーバルヘアカラー100

追随を抑えて、ついに200万本突破 ! 絶大な支持をもつ人気商品です
max-grow.com

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 白髪染め比較ランキング All Rights Reserved.