白髪染めの種類

白髪染め比較ランキング

白髪染めの種類を紹介しています。

白髪染めTOP > 種類

白髪染めの種類

白髪染めの種類は大きく分けて、4つのタイプに分類されます。

それぞれにメリット・デメリットがあるため、自分にあったタイプのものを選んで使用すると良いでしょう。

1. ヘアカラータイプ

髪の毛のメラニン色素を薬剤によって分解し、染料を髪の内部に浸透させる方法です。

黒髪でも白髪でも、薬品によって一度色素を分解して染めるという方法は変わらず、黒髪も白髪も同時に染めることができます。

また、他の方法と比べると色みがしっかりと入り、効果も長持ちするという点が特徴です。

ただし、髪と頭皮に少なからず負担がかかるので、髪にパサツキがでたり、きしみを感じることもあるでしょう。

ある程度間隔をあけて使用することと、肌の弱い人はパッチテストが必要になります。

2. ヘアマニキュアタイプ

ヘアカラーとは異なり、染料を髪の表面だけに定着させ、コーティングする方法です。

髪の毛のメラニン色素を分解せずに、髪の表面のたんぱく質に色をつけるので、髪と頭皮に与えるダメージが少ないことが特徴です。

また、表面をコーティングするので、手触りが良く、ツルツルになるもの人気です。

ただし、ヘアカラーにくらべてしっかりと色が染まらないことと、効果が持続する期間も短いというのがデメリットでしょう。

3. カラースプレータイプ

一時的に髪に色をのせる方法として、カラースプレーがあげられます。

染めるのではなく、色をつけるだけなので、シャンプーで簡単に落とせるのが特徴です。

お出かけ前にササッとつけたり、洗えば効果がなくなるので、気軽に使用することができるでしょう。

なかなかメインで使用することはできませんが、ヘアカラーやヘアマニキュアと併用して、頭皮近くの髪の伸びてきた部分に使用したり、気になる箇所だけに使用すると良いでしょう。

4. シャンプータイプ

毎日シャンプーを続けるだけで、自然に白髪が染まるという方法です。

シャンプーするだけという気軽さと、新しく伸びた部分も、極端に目立つことなく染められるのが特徴です。

ただし、使用とやめればそれまでという点と、効果があらわれるまでには時間がかかります。

また、ヘアカラーのように劇的な変化は望めません。

利尻ヘアカラートリートメント

白髪用利尻ヘアカラートリートメント"サスティ公式"通販サイトはコチラ。
sastty.com

レフィーネ

モデルも愛用の体に優しい白髪染め! 価格と品質で選ぶなら【レフィーネ】
8341.jp

ピュアハーバルヘアカラー100

追随を抑えて、ついに200万本突破 ! 絶大な支持をもつ人気商品です
max-grow.com

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 白髪染め比較ランキング All Rights Reserved.