白髪染めのメカニズム

白髪染め比較ランキング

白髪染めのメカニズムについて紹介しています。

白髪染めTOP > メカニズム

白髪染めのメカニズム

一般的にヘアカラー剤は、黒髪を明るくするように作られています。

ただし、白髪染めの場合には、黒髪の部分を明るくしながら、白髪を染めていくというように、白髪に特化した内容になっています。

黒髪であっても、白髪であっても、髪のメラニン色素に働きかけ、染料を入れていくというメカニズムは同じです。

ヘアカラー剤は、永久染毛剤とも呼ばれ、一般的に1剤(酸化染料・アルカリ剤)と2剤(酸化剤)にわかれており、使用の直前に混ぜ合わせてから塗布します。

1剤と2剤

ヘアカラー剤は一般に、1剤と2剤を混ぜ合わせ、薬品を反応させてから使用します。

1剤は、主にジアミン系の色素中間体で構成されており、2剤は過酸化水素が含まれています。

これらを混ぜ合わせると、すぐに反応が始まり、アルカリ剤が髪の表面のキューティクルを開き、染料を内部に送り込みます。

その後、髪の毛のメラニン色素を分解し、脱色します。

同時に髪の内部に浸透した染料は、お互いに結合し、分子を大きくし、内部に定着します。これにより洗っても落ちないヘアカラーが完成するのです。

髪のダメージについて

白髪染めをするとどうしても髪の痛みが気になるという人は、とても多いことでしょう。

ヘアカラーの1剤に含まれるアルカリ剤は、髪を染めるために必要な染料を髪の内部に運び込むために、表面をガードしているキューティクルを開くので、アルカリ剤が髪に残っているとパサつきやゴワつきの原因になります。

2剤の主成分であるか酸化水素は、髪を構成するたんぱく質を破壊する作用があるので、これも髪のダメージの原因となるでしょう。

アルカリ剤によるダメージは、酸性リンスなどを使用することで防止することができますが、酸性が強すぎるとヘアカラーの持ちに影響がでます。

強すぎない酸性リンスを使用することで、極力髪を痛めずにヘアカラーを行うことが可能です。

利尻ヘアカラートリートメント

白髪用利尻ヘアカラートリートメント"サスティ公式"通販サイトはコチラ。
sastty.com

レフィーネ

モデルも愛用の体に優しい白髪染め! 価格と品質で選ぶなら【レフィーネ】
8341.jp

ピュアハーバルヘアカラー100

追随を抑えて、ついに200万本突破 ! 絶大な支持をもつ人気商品です
max-grow.com

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 白髪染め比較ランキング All Rights Reserved.